FEATURES 特集

2021.02.15 ワイン

初心者でも失敗しない!ソムリエナイフを使ったワインの開け方

ソムリエナイフを使ったワインの開け方_TOP画像1

ワインを飲みたいけどコルク栓を開けるのが難しそうと購入を躊躇される方や、コルク栓が途中で折れてしまったり、ワインの中にコルク屑が落ちてしまったりと上手く開けられず苦労しているという方も多いのでは?

そこで、初心者におすすめのダブルアクションタイプのソムリエナイフを使ったワインの開け方をご紹介♪ ソムリエナイフの使い方やちょっとしたコツを覚えてワインライフを愉しみましょう!

ダブルアクションタイプのソムリエナイフを使ったワインの開け方

[開け方の手順]

ご注意:ソムリエナイフでスパークリングワインを開けないでください。ボトルが破裂する可能性があり、大変危険です。スパークリングワインの開け方はこちらをご覧ください。

ソムリエナイフを使ったワインの開け方_ソムリエナイフ画像

はじめに:ダブルアクションタイプのソムリエナイフを用意しよう!

[部分名称]
・ナイフ
・フック(ダブル)
・スクリュー
・持ち手

ソムリエナイフを使ったワインの開け方_STEP01

STEP1:キャップシールに切れ込みを一周入れる

キャップシールの出っ張り部分下、奥側にナイフをあて親指の腹でボトルを抑えながら半周切れ込みを入れる。次に手のひらを返して親指でボトルを抑えながら手前側半周にも切り込みを入れる。

ソムリエナイフを使ったワインの開け方_STEP2

STEP2:キャップシールをはがす

奥側のキャップシールの切り込みとボトルの間にナイフの先を入れ、親指の腹でボトルを抑えながらキャップシールめくるようにはがす。

ソムリエナイフを使ったワインの開け方_STEP3

STEP3:コルクにスクリューを差し込む

スクリュー部分の先端をコルクの中心に垂直に刺し込んでいく。

【ここがポイント】

スクリューは8分目まで差し込みましょう。
差し込みすぎるとコルクの屑がワインに入ったり、差し込みが足りないとコルクを抜く際に抜きにくくなります。

ソムリエナイフを使ったワインの開け方_STEP04

STEP4:フックをボトルの口にかけ、引き上げる。

ボトルの口に1つ目のフックをかけてしっかり手で押さえながら、テコの原理で持ち手の部分を真上に引き上げる。
最後までコルクが引き上がったら、2つ目のフックをボトル口にかけ、さらに真上に引き上げる。

【ここがポイント!】

2段階のフックを使用するダブルアクションなので力の弱い方でも簡単にコルク栓が開けられます。

ソムリエナイフを使ったワインの開け方_STEP5

STEP5:コルクを抜く。

コルクが上部にあがりきったら、コルク部分を手で持ち、静かにコルクを抜く。

おすすめのソムリエナイフ

ソムリエナイフ ネイビーオリジナル ソムリエナイフ ネイビー
初心者にも使いやすいダブルアクションタイプのソムリエナイフです。

飲みきれない時には!「ワインストッパー」で保存!

コルク栓のワインは一度開栓したら再び栓をすることができない場合もあるので、専用のストッパーがあると便利です。
ストッパーを使用することで、味や香りの劣化を遅らせることができます。
ワインボトルを寝かせた状態で保存できるものやボトル内の空気を抜いてワインの酸化を防ぐポンプ機能がついたものなどがあります。

おすすめのワインストッパー

ファンヴィーノ ワインキャップグローバル ワインキャップ 2個入 
シリコンゴム製のワインキャップで、ボトルの口にかぶせると中の液体がこぼれずに寝かせた状態で収納もできます。
バキュームワインストッパー(ブルー/ピンク)グローバル バキュームワインストッパー(ピンク/ブルー)
上部のボタンをプッシュするとボトル内の空気が抜けてワインの酸化を防ぐ、ポンプ機能が付いたワインストッパーです。

 



ご注意
・20歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類を販売できません。
・酒類は一部店舗でお取り扱いがございません。取り扱いがない店舗はこちら
・商品の価格、内容、デザインが変更になる場合がございます。