FEATURES 特集

2022.07.23 コーヒー

好きだからこだわる!コーヒー器具の世界

コーヒー器具の世界_バナー

コーヒーをいれるには器具が必要。だけどどうやって選ぶ?機能?手軽さ?そんな迷いを吹き飛ばす、コーヒー器具への愛とこだわりを商品開発担当が語ります。

コーヒー器具の世界_01

カルディコーヒーファーム コーヒー商品開発担当

鈴木、齋藤

CONTENTS



美器具は収集癖をくすぐる

コーヒー器具の世界_02

―まずはコーヒー器具を選ぶポイントについて教えてください。

鈴木:僕にとってはコーヒー器具は愛でる存在。いれるためだけの道具ではなくて。機能美やインテリア性が高いものだとコレクター心をくすぐられるんだよね。

コーヒー器具の世界_03

―使わないかもしれないけど飾れそうだなぁ、みたいな?

鈴木:最初は使ってみたい好奇心もあるんだけど、集めて飾りたい。今は廃版になっちゃったんだけど、水を入れるところから蛇口みたいにパイプが伸びていて、パイプの下にトレーがあるモカエキスプレスがあるんだけど、すごいちっちゃくてかわいい。

蛇口からコーヒーがちょろちょろ出てきて、最後は噴射する。それがコーヒー器具に初めて心を奪われた経験なんだけど。今はほぼ飾りと化しているけどね。笑

―コーヒーの器具って見た目が素敵なものが多いですよね。

鈴木:やっぱりね、見た目がいいとテンションあがるんだよね。「おいしい」も大切にしたいけど、やっぱりかっこいいとより燃え上がるしやる気が出る。だから飾れるかは結構大事だよね。

コーヒー器具の世界_04

齋藤:私もめちゃくちゃ厳選して、ちゃんとこれはかわいいから、っていうものを調べつくした上でときめいたら買うっていう感じです。

厳選された器具たちをおうちの陽の当たるところに置いて時折眺めています。

―癒しの時間ですね。

コーヒー器具の世界_05

齋藤:毎日会社でコーヒーを飲み続けてるので、家ではとびっきり自分の好きな空間にしたくて。笑

休日、晴れた日にいれるって決めてるんです。陽が差し込んでいる、コーヒーが静かに落ちている、氷が溶け始めている、キラキラしている=すべての瞬間がかわいいなって! もちろん、サーバーとドリッパーの組み合わせや注ぐカップとのバランスも考えます。

 

かわいいの中に機能性が詰まってる

コーヒー器具の世界_06

―私が想像していた以上にお二人の器具愛が深い...笑 ちなみに、オリジナルの器具でお気に入りはありますか?

齋藤:私はなんでも丸いフォルムが好きなんですね。だからオリジナルのサーバーの底の丸みとか、持ち手の上部が直線的なのに下に進むにつれて丸みを帯びているところとか、かわいい~ってなります。

その中でも特に注ぎ口を見てほしいんですが、このぷるんとしたフォルム。めちゃくちゃかわいくないですか?

それとね、この注ぎ口はめちゃくちゃキレがいいんですよ。全体のフォルムは型でつくるんですけど、注ぎ口はガラス職人さんが棒みたいなものを使ってグッと押すんですよ!ひとつ、ひとつ人の手、一発勝負です。

ぜひ、1回使ってみてほしい......!

コーヒー器具の世界_07

鈴木:僕はオリジナルのサーバーに合わせて作った「すわり心地がとてもイイコーヒードリッパー(以下すわり心地ドリッパー)」っていう商品があるんだけど、陶器ドリッパー特有の滑る感じがなくて気に入ってる。

―確かに陶器ドリッパーってサーバーに乗せると滑る時ありますね。

鈴木:世の中にドリッパーはたくさんあるけど、3本の支えはだいたい水平になっているから、さっき言ったように横滑りする。

すわり心地ドリッパーは3本の支えに角度がついていて重心が真ん中に行こうとするから、横滑りしにくい。だからそのまま名前になってる。

―なるほど。

鈴木:ちなみに、これはサーバーのハンドルの向きと揃えて使うんだよね。向きを揃えないと底の支えが1本だけ注ぎ口のところに来て、ガタっとなる。

―使い方のポイントですね。

ドリッパー原型画像

鈴木:味のコントロールもできるように工夫してて、リブ(溝)の上の方が浅くて底に行くほどだんだん深くなるような作りになっている。つまりは下の方が液体の抜けが良くなる構造になっていて、抽出効率がいい。

穴の径もちょっと大きめに設計してて、抽出スピードは陶器ドリッパーにしては早め。というのも陶器ドリッパーってこだわりある人が使うことが多いから、抽出スピードが早くも遅くも手加減できる設計の方がいいなと思って。

初めての人でも、ベテランでも満足してもらえるようなつくりだと思う。

4515996017681_coffeedoripper_1.jpg

情熱とこだわりの結晶!職人技が光る「すわり心地がとてもイイ コーヒードリッパー」

 

特集を見る

 

コーヒーを持ってGO OUTSIDE!

コーヒー器具の世界_09

―最近はアウトドアでコーヒーを楽しむ人も増えてきましたよね。

鈴木:僕の場合、いつもはキャンプ場について、さくっと昼を食べて、その後にコーヒーを一杯飲んで一息ついてから、テントとかを設営し始める。

あとは家で水出ししたコーヒーをタンブラーにいれて移動中に飲む用に持っていくかな。水出しして持っていけば食後のコーヒーを急冷でいれるか持ってきた水出しを飲むか選べるしね。

コーヒー器具の世界_08

―キャンプにはどの器具を持っていきますか?

鈴木:一人でキャンプに行くときは装備を絞りたいから、結局1杯用フィルターが一番使うね。笑 片付けも一瞬で終わるし。

数人でキャンプするならプラスチックのドリッパーも便利だよね。プラスチックは何がいいって、何も気にせず道具箱にいれてガチャガチャやっても壊れない。

水出し用フィルターは常に何枚か入れてるかな。コーヒーの煮出しにも使えるし、楽だし。

あとプラスチックのメジャースプーンは持っていくようにしてる。こんなにコンパクトで丈夫なメジャースプーンはなかなかないよ。持ってくならこれぐらいコンパクトで丈夫なのがちょうどいい。

―後片付けの楽さとか器具の壊れにくさとかが大事なんですね。

鈴木:そうそう。セラミックのコーヒーミルは収納して持ち歩けることを想定してるから、ハンドルもまっすぐにして取り外しできるようにしてる。軽量だし、かさばらないからアウトドアに向いているなって思ってる。

ぜひバッグに忍ばせて自然の中で挽きたての香りを楽しんでください。

 

オンラインストアへ

 

アイスコーヒーCP_バナー

アイスコーヒーにおすすめなコーヒー豆や、おいしいいれ方、使う器具、アレンジレシピなど、この夏のアイスコーヒーがもっと楽しくなる情報が満載!


特設サイトはこちら