FEATURES 特集

2021.08.16 コーヒー

コーヒー担当がご案内!スペシャルティコーヒー「パプアニューギニア コルブラン コーヒーランド」で甘く長い余韻を楽しむコーヒーの旅へ

コーヒーの旅_パプアニューギニア_サムネール

今回お届けするのは、パプアニューギニアの農園、コルブラン コーヒーランドから届いたコーヒーです。一粒ひとつぶ丁寧に手摘みし手間暇かけて生産されたスペシャルティコーヒーで、香ばしく甘い余韻とともに心ほぐれるコーヒーの旅に出かけましょう。

コーヒーの旅ナビゲーター

カルディコーヒーファーム コーヒー仕入担当 齋藤

コーヒー部門でコーヒーの原料調達と商品開発に関わる仕事をメインに担当。

お客様の「いつものコーヒー」をちゃんとお届け出来るよう、そして「特別なコーヒー」との出会いを楽しんでいただけるように、コーヒーの仕入れをしています。
おいしいコーヒーのコツは何より楽しむこと!正解や、やり方にとらわれず、たくさん味見をしながらお好みのコーヒーを選んだり、料理をするときのようにおいしさを探していただきたいなと思っています。

CONTENTS




豊かな自然に囲まれた島国・パプアニューギニアのおはなし

コーヒーの旅_パプアニューギニア01

赤道のすぐ南に位置する、大小約600の島々からなる島国、パプアニューギニア。年間を通して暖かく雨も多い熱帯気候ですが、島中央の高地では夜は10℃近くまで気温が下がることも。そんな寒暖差のある気候と海と山に囲まれた豊かな自然、火山地帯によるミネラル豊富な土壌を活かし、数多くの農家がコーヒー栽培に取り組む、近年注目されているコーヒー生産地です。




華やかなフレーバーと、抹茶の旨味を感じる「パプアニューギニア コルブラン コーヒーランド」

コーヒーの旅_パプアニューギニア04

パプアニューギニア コルブラン コーヒーランド 税込¥999

パプアニューギニアのコーヒーはいかがですか?とオススメされて、すんなりと味わいがイメージ出来る方はなかなかいらっしゃらないのではないでしょうか。 近隣には、ワイルドな味わいで知られる「マンデリン」の産地インドネシアがありますが、パプアニューギニアのコーヒーはどちらかと言えば、「ケニア」や「キリマンジャロ」などのアフリカを代表する、非常にボリューム感があって、桃やさくらんぼのようなストーンフルーツの甘みやジューシーさが味わえるコーヒーに近いと思います。

コーヒーの旅_パプアニューギニア02

なかでもコルブラン コーヒーランドで育てられたニコルさんのコーヒーはまさにその味わいを十二分に感じられ、一昨年、初めてこのコーヒーを味わった時、こんなに風味豊かなパプアニューギニアのコーヒーにはなかなか出会えないと直感!このフレッシュな味わいを何とかお客様に届けたいと、輸入しすぐに商品化「コーヒーの旅」シリーズとして発売し、好評をいただきました。

そして再び今年も期待通りの味わいで届いた「パプアニューギニア コルブラン コーヒーランド」。エルダーフラワーの華やかなフレーバー、アプリコットの甘み、ブラウンシュガーの香ばしさ。そしてどこか抹茶の旨味を連想させる、甘く長い余韻を是非お楽しみください。




徹底した品質管理のもとで育まれる、ニコルさんの特別なコーヒー

ニコルさんが代表を務めるコーヒー農園、コルブラン コーヒーランドは標高1,800mの寒暖差が大きい高地でコーヒーを栽培しています。非常に丁寧にコーヒーの木々をケアするなど、農園の隅々まで管理が行き届いていて、パプアニューギニア最大の輸出会社の社長が「今まで訪れたパプアニューギニアの農園の中で、最もきちんと手が行き届いている農園」と称賛するほど。

このスペシャルなコーヒーは、ニコルさん始め、スタッフの皆さんによる日々のきめ細やかな品質管理によって育まれているのです。

コーヒーの旅_パプアニューギニア_ニコル・コルブラン氏

ニコル・コルブランさんからのメッセージ

今回皆さんにお届けするのは、農園内でも一番標高の高い場所に広がる「モリタ区画」で、アルーシャ種という品種のみを大切に育て上げ、一粒ひとつぶ丁寧に手摘みしたコーヒーです。手間暇かけて育てるからこそ、コーヒーチェリーに十分な栄養が行き渡り、豆のばらつきも最小限に抑えることができています。
今年もこうして、私たちのコーヒーを日本の皆さんの元へお届けできることに、心より歓びと感謝を申し上げます。




こんな飲み方はいかが?ソーダで割ってノンアルコール コーヒーカクテルに!

コーヒーの旅_パプアニューギニア05

複雑な風味を楽しむのに、ドリップコーヒーは最適ですが、季節柄アイスコーヒーでも楽しみたいもの。もちろん水出しコーヒーでもそのボリューム感を存分に楽しめますが、この夏、パプアニューギニアのフレーバーをさらに味わうために「コールドブリュー&ソーダ」なんていかがですか?

コーヒーの旅_パプアニューギニア03

ペーパードリップ用に挽いた35gの粉を350mlの水で抽出すると、ビターキャラメルやレーズンのアロマ、ミルクチョコレートのような口あたり、すこしピールの余韻。また、氷を入れてロックにすれば、氷がとけていくにつれて徐々に姿をあらわす、ジューシーな南国の果実の味わいが広がります。熱帯雨林の奥に入り込むように、時間をかけて、そのひとつひとつを発見する楽しみを是非味わってみてください。

さらに、そのコーヒーを炭酸水と1:1で割ってみるとどうでしょう。シュワシュワと弾けるソーダが複雑なフレーバーを一瞬で立ち上がらせます。華やかなエルダーフラワー、グレープ、ハニー、ライムピールのフレーバーが感じられる、ノンアルコールカクテルの出来上がりです。




コーヒーの旅とは?

世界中のコーヒー生産地からバイヤーが選び抜いたスペシャルティコーヒーをお届けする「コーヒーの旅」。 世界各地で見つけた個性が光るコーヒーを、生産者の想いやこだわりとともにお届けする特別なシリーズです。

「もっとおいしいコーヒーが飲みたい」という湧き上がるシンプルな想いで、日本のコーヒーファンが期待するおいしさや届けてくれたコーヒーへの感想などを生産者に伝えることで「今年もサイコーの出来だった!来年もあなたのコーヒーを待っている!」と未来に繋がる関係を大切に育てています。

どんなことをミッションとして掲げている農園か、農園主はどんな人柄なのか、そんな「人となりの見えるコーヒー」をカルディコーヒーファームのスペシャルティコーヒーとしてコーヒーの旅で紹介しています。

まだまだ続くコーヒーの旅

次回のコーヒーの旅は、ブラジルへご案内します!




ご注意
数量限定のため、なくなり次第終了となります。また商品の取り扱い状況は店舗により異なります。
画像はイメージです。商品の価格、内容、デザインが変更になる場合がございます。