FEATURES 特集

2021.05.19 コーヒー

【5/20(木)~順次発売】"コーヒーの旅" シリーズから待望のニュークロップが登場!明るいシトラスの風味が増した「サントゥアリオ プロジェクト メキシコ」

コーヒーの旅_メキシコ_TOP

世界中のコーヒー生産地からバイヤーが選び抜いたスペシャルティコーヒーをお届けする「コーヒーの旅」シリーズに、今年で2年目となる「サントゥアリオ プロジェクト メキシコ」の待望のニュークロップ(当年度産の生豆)が登場。メキシコならではの個性が光るコーヒーを、生産者の想いと共にお届けしています。まるでその地を旅するように、初めて出会う一期一会の味わいをぜひお楽しみください。

コーヒーの旅ナビゲーター

カルディコーヒーファーム コーヒー仕入担当 齋藤

コーヒー部門でコーヒーの原料調達と商品開発に関わる仕事をメインに担当。

お客様の「いつものコーヒー」をちゃんとお届け出来るよう、そして「とくべつなコーヒー」との出会いを楽しんでいただけるように、コーヒーの仕入れをしています。おいしいコーヒーのコツは何より「楽しむ」こと!正解や、やり方にとらわれず、たくさん味見をしながらお好みのコーヒーを選んだり、料理をするときのようにおいしさを探していただきたいなと思っています。

CONTENTS




待望のニュークロップが登場!明るいシトラスの風味が増した「サントゥアリオ プロジェクト メキシコ」

コーヒーの旅_メキシコ_MAP

旅のナビゲーターからのメッセージ

メキシコのようにコーヒーベルトの最北に位置し、比較的標高の低い生産地域から納得できる味わいのコーヒーを探すとなるとなかなか難しいのですが、様々な生産地のコーヒーをお届けしたいという想いがあり、ご紹介できる美味しいメキシコのコーヒーをずっと探していました。 そんな中、以前から交流のあるサントゥアリオプロジェクトのカミーロさんが、メキシコのベラクルス州イクスウアトランに、精選工場のサントゥアリオ・プロセスセンター(Santuario Process Center Ixhuatlan del Café)を建設、プロジェクトメキシコを推進するというニュースが飛び込み、初めて生産したコーヒー「サントゥアリオ プロジェクト メキシコ」を2020年の春にコーヒーの旅でお届けできることになりました。

コーヒーの旅_メキシコ_商品紹介

サントゥアリオ プロジェクト メキシコ 税込¥750

旅のナビゲーターからのメッセージ

土地に合った品種を選択、完熟したコーヒーチェリーを収穫し、適切な精選処理を実施する。それらが大切に守られていることで作りあげられるおいしいコーヒー。このプロジェクトメキシコは、従来の「標高が高い=良いコーヒー」とは一線を画した、緯度の高い北米ならではの風味に、さらに磨きがかかった特徴的な味わいとなっています。
浅煎りで感じられる緑茶のような爽やかな苦味と、スムースでチョコレートのような甘みが共存し、ちょっと癖があるハーブのようなニュアンスが楽しめる新感覚のコーヒー「サントゥアリオ プロジェクト メキシコ」。2020年春に好評を博した日本茶のような爽やかな苦味はそのままに、明るいシトラスの風味がさらに増した今年の味わいを是非お楽しみください。




生産者カミーロ・メリサルデさんの取り組み「サントゥアリオプロジェクト」

コーヒーの旅_メキシコ_サントゥアリオプロジェクトイノベーションセンター

「サントゥアリオプロジェクト」はコーヒープロデューサー、カミーロ・メリサルデさんが各国の実力派農園とタッグを組み、スペシャルティコーヒーに特化した農園をプロデュースする取り組みです。
サントゥアリオ プロジェクトの推進に適した、高品質な生産処理を行う「コーヒーイノベーションセンター」をメキシコのベラルクス州に築き、その土地のコーヒー農園から完熟したコーヒーチェリーのみを集め、革新的な処理技術でつくられた味わいが「サントゥアリオプロジェクト メキシコ」です。

カミーロ・メリサルデ氏

カミーロ・メリサルデさんからのメッセージ

今回のコーヒーの旅「サントゥアリオ プロジェクト メキシコ」のコーヒーに使われている品種「スターマヤ」は、メキシコで発展したメキシコならではの品種です。
品質が良く生産性や耐病性にも優れ、更にベラクルスの土地に適した品種であるスターマヤが我々サントゥアリオの持っている栽培技術と融合したことにより、驚くべきフレーバーを持つコーヒーができました。現在では他の地域でもスターマヤの栽培を試みています。

旅のナビゲーターからのメッセージ

カミーロさんのコーヒーと初めて出会ったとき、生産地の標高や伝統品種の栽培のみに注力するのではなく、土地に合った新しい品種の選択や、収穫以降の生産処理によって、「思いのままにコーヒーの味わいをつくろう(コーヒーをデザインする)」という取り組みがとても斬新でした。
今年の「サントゥアリオ プロジェクト メキシコ」でお届けするコーヒーに選んだのは全部で5品種。そのうち一番量が多いのがカミーロさんからのメッセージにもあるスターマヤという品種です。2001年、コーヒーの歴史の中では最近登場することになった品種で、生産地の近い中米などではあまり生産されておらず、メキシコが数少ない生産国になります。
スターマヤはフリーウォッシュド(水洗式)と呼ばれる伝統的な製法が選択され生産処理をされたものですが、「様々なチャレンジを経てつくられた、伝統的製法と次世代品種のコラボレーション」という、実は計り知れない魅力を秘めたコーヒーです。




コーヒーの旅とは?

世界中のコーヒー生産地からバイヤーが選び抜いたスペシャルティコーヒーをお届けする「コーヒーの旅」シリーズ。 私たちは、世界各地で見つけた個性が光るコーヒーを、生産者の想いの詰まったこだわりのコーヒーとしてお客様にお届けしています。

旅のナビゲーターからのメッセージ
「もっとおいしいコーヒーが飲みたい」という湧き上がるシンプルな想いにはじまり、私たち日本のコーヒーファンが期待するおいしさ、そして届けてくれたコーヒーのおいしさを生産者と共有することで、「今年もサイコーの出来だった!来年もあなたのコーヒーを待っている!」という未来へのつながりを大切に育ててきました。どんなことをミッションとして掲げている農園か、農園主はどんな人柄なのか、そんな「人となりの見えるコーヒー」を「カルディコーヒーファームのスペシャルティコーヒー」としてコーヒーの旅で紹介しています。
次回のコーヒーの旅は、「パプアニューギニア」へご案内します!

オンラインストアへ

ご注意
数量限定のため、なくなり次第終了となります。また商品の取り扱い状況は店舗により異なります。
画像はイメージです。商品の価格、内容、デザインが変更になる場合がございます。