こだわりのコーヒー豆と輸入食品のワンダーショップ - カルディコーヒーファーム

コーヒーと輸入食品のワンダーショップ
カルディコーヒーファーム

LEGEND of KALDI

KALDIからのお知らせ

キャメルファームより 自社醸造ワイン ファーストヴィンテージ第2弾 登場

2018.11.14

株式会社キャメルファームは、北海道余市のなだらかな丘陵、海を臨む高台に佇むキャメルファームにて、自分たちの手でブドウを育て、醸造した初めてのワインを9月にリリースいたしました。
2019年1月25日より、ファーストヴィンテージの第二弾となるワイン2種を発売いたします。

camelfarm081114-1.jpg

丁寧に栽培、収穫したブドウを、それぞれの品種の個性を存分に引き出し、バランスにこだわったスパークリングワインに仕上げました。シャルマ製法によるきめ細かでクリーミーな泡が特長的で、豊かな果実味、テロワールが感じられます。

赤い果実に華やかなスミレやバラが香り、口当たりはやわらかくエレガント。爽やかな酸と繊密なタンニンが続き、フレッシュな果実味が溶け込みほのかにスパイシー、キャメルファームの代表的な品種であるレンベルガーの個性を余すことなく表現した辛口のスパークリングワインです。優美に輝くガーネット色に、味わいへの期待感が高まります。

淡くクリアな黄色に泡が煌めく白のスパークリングワインは、すっきりした味わいのやや甘口。みずみずしくフルーティなマスカットと、柑橘や白い花の香りが感じられ、甘みと心地よい酸が巧みに調和。ピノ・ノワールがほどよい豊かさをそえ、2つの品種の魅力をバランスよくブレンドしました。

ファーストヴィンテージ第二弾のスパークリングワイン種は、バレンタイン/ホワイトデーシーズン、春に向けて、新年度、はじまりの季節に、ありがとうやお祝いのシーンを華やかに彩ります。

レンベルガースパークリング2017

camelfarm081114-2.jpg

商品名:レンベルガースパークリング2017

発売日: 2019年1月25日予定
ブドウ品種: レンベルガー(ブラウフレンキッシュ)
収穫年: 2017年 タイプ: 赤 内容量: 750ml
価格: 3,000円 (本体価格)

醸造家コメント: レンベルガー本来の個性、独特な風味を生かしながら、余市の気候ならではの引き締まった酸とタンニン、フルーティで果実味豊かなバランスのとれたスパークリングワインに仕上げました。

ケルナー & ピノ・ノワール スパークリング2017

camelfarm081114-3.jpg

商品名: ケルナー & ピノ・ノワール スパークリング2017

発売日: 2019年1月25日予定
ブドウ品種: ケルナー、ピノ・ノワール
収穫年: 2017年 タイプ: 白 内容量: 750ml
価格: 3,000円(本体価格)

醸造家コメント: 余市という世界的にみて特異な気候の中、徹底した栽培管理を実施したブドウだからこそ産まれた、調和の取れたフレッシュなスパークリングワインとなりました。ケルナーらしい果実味とフローラルな味わいがシャルマ方式から得られたクリーミーな泡と共存し、しっかりとした酸味がバランスしています。


エチケットには、北の大地の空気を感じられるようキャメルファームの土地で獲れた果実や、そこに住む動物たちとの物語が描かれています。 カルディコーヒーファーム、カルディコーヒーファームオンラインショップ 及び百貨店、専門店、業務酒販店にて販売予定。 店舗により価格、商品の取り扱い状況が異なります。


つくり手の情熱や愛情を伝え、生産者とお客さまを相互につなぎ、食の楽しみを提案しているキャメル珈琲グループは、ブドウの栽培からワインの醸造、販売までをグループで一貫して行い、自分たちで丁寧につくったものを、自分たちの手によってお客さまへお届けいたします。キャメルファームの想い、未来への展望に共感したリカルド・コタレッラ氏の全面的な協力のもと、余市のテロワールを最大限に活かした世界に誇れる日本のワイン造りを目指します。併せて、長い農業の歴史のなかで育てられてきた知恵や技術を尊重し、地元の方々とともに、地域の活性化と環境保護に取り組んでまいります。

キャメルファーム  概要

株式会社キャメルファーム
所在地: 〒046-0002 北海道余市郡余市町登町1408番地
設立: 2014年
代表取締役: 尾田信夫
事業内容: 1 農作物の生産および販売 2 酒類の製造および販売、その他
保有施設: ブドウ畑 16.2 ha / ワイナリー 1372.23㎡((415.09坪)
公式ウエブサイトURL: http://camelfarm.co.jp/

「私たちの手で、北海道のブドウ畑から世界へ」
小樽市から海岸沿いを北に向かった北緯43度、眼下に日本海を望み、三方を山に囲まれた北海道余市町登地区は、山から海へ南北にまっすぐ貫く登川が開いた谷状の地形の土地でワイン用ブドウ栽培の適地として注目されています。溢れる大地の恵みと、先人たちの知恵を受け継ぎ、世界的にも類をみない、ブドウの木が雪の下で冬を越す冷涼な土地から、丁寧に土から育て、つくりあげる日本ならではのワインを世界へ届けることを目指しています。

キャメルファーム

リカルド・コタレッラ氏

キャメルファームのブドウの栽培からワインの醸造には、著名な醸造家のひとりであるリカルド・コタレッラ氏(※)が深く携わっています。イタリア全土のみならず世界各地でテロワールを探求し続ける氏の想いと、日本特有の自然の恵みを広く世界に発信したい、というキャメルファームの想いが余市の地で交わりました。
(※国際エノログ連盟会長兼イタリア醸造家協会会長。醸造家としての才能を魔術師、天才と形容される)


このページの先頭へ